So-net無料ブログ作成
検索選択

「納得できない」…事件幕引き懸念の声(読売新聞)

 素朴な国民感情として考えがたい――。

 26日、鳩山首相の資金管理団体の偽装献金事件で、「不起訴相当」の議決を出した検察審査会は同時に、虚偽記入や母親からの莫大(ばくだい)な資金提供を「全く知らなかった」とする鳩山首相の姿勢に疑問を投げかけた。事件で名義を利用された人たちは「納得できない」としており、識者は「首相が果たすべき説明責任とは別問題だ」と、事件の“幕引き”を懸念する声が上がっている。

 献金者として自分の名前を無断で使われたという都内の60歳代の主婦は、「検察審査会の判断にはがっかり」と憤る。鳩山首相の事務所に説明を求めて電話をしたこともあるが、きちんとした対応や謝罪もなかったといい、「鳩山首相には責任を取って議員も首相も辞めてほしい」と話す。

 やはり名義を使われた都内の別の女性も、「被害者からすれば納得はいかない」と不満そうで、「今回の議決で、さらに開き直って説明をせずに逃げるようなら、鳩山首相はさらに国民の信頼を失う」と指摘。ただ、検察審査会が「上申書の内容そのものに疑問を投げかける声」などについて言及したことには、「少しでも常識のある人なら、やはりこのように思うのは当然だ」とやや留飲が下がった様子だった。

高速無料化「距離」巡る答弁で衆院国交委紛糾(読売新聞)
無許可ガールズバー摘発=店員は14歳中学生−大阪府警(時事通信)
<3カ月予報>5〜7月 太平洋高気圧弱く北日本は気温低め(毎日新聞)
火山噴火 外国人客の離日始まる 成田空港(毎日新聞)
元郵便局員の女を追送検=「管理ずさん」と供述−兵庫県警(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。